プリヴェールのHOME

お問い合わせ

0120-992-410

Menu

NHKあさイチの特集『平成から令和へ 夫婦のカタチ』~事実婚~ | 名古屋の結婚相談所プリヴェールがおくる婚活コラム

プリヴェールのHOMEへ戻る。
トップページ
会社概要・アクセス
来店予約
パーティー予約
資料請求
メールで質問
0120-992-410
  • 成婚率が高い7つの理由
  • お客様の声
  • コース料金
  • 成婚の「ヒケツ」発信
  • パーティ情報
  • 提携法人会員様専用

成婚のヒケツ

NHKあさイチの特集『平成から令和へ 夫婦のカタチ』~事実婚~

2019.04.23 |  

カテゴリー:

  • 男性
  • 女性
  • 再婚
  • キャリア女子
  • シニア婚活

名古屋の結婚相談所『プリヴェール』の大津です。

 

4月17日、NHKの『あさイチ』で、「平成から令和へ 夫婦のカタチ」という特集を放送していました。

そこでは、従来の考え方にとらわれない3組の夫婦の姿が取り上げられていました。

 

1組目は、あえて婚姻届を出さずに「事実婚」というカタチを選んだバツイチどうしの夫婦。

 

2組目は、平日は別々に離れて暮らし、土日だけどちらかが会いに行く「週末婚」というカタチをとっている30代の夫婦。

 

3組目は、妻が看護師として外で働き、夫は家事と3人の育児を担う「専業主夫」というカタチを選んだ夫婦。

 

従来の法律婚に捉われない夫婦や、

夫婦は一緒に暮らすものという概念を取っ払った夫婦、

女性は家庭を守るという古い価値観を見直し、男性が家庭を守ることを選択した夫婦、

こうした新しい夫婦像を紹介していました。

 

①事実婚をして7年目の40代と50代のお互いにバツイチの夫婦

お二人の間には4歳になる息子さんがいる、三人家族です。

お互いにバツイチのお二人は、事実婚というスタイルを選びました。

事実婚がうまく行く秘訣は、ルールをしっかり決め、お互いの負担にならないように実践することだそうです。

 

家事はこだわりがあるほうが担当

共有財産は持たない

上下関係はつくらない

おかしいと思ったら即、話し合い

ポジティブな言葉は口に出す

察してチャンは禁止

必要なワガママは信頼の証

不満はためずにこまめに清算

ささいなことで“声かけ”する

お互いの仕事に口出ししない

 

事実婚に限らず、法律婚している夫婦にも同じことが言えますね。
ただ、法律婚と違い法的な約束がない事実婚の夫婦にとっては、
二人で決めたルールをしっかり守る、という意識が、
法律婚の夫婦より強く、それが信頼関係になっていることがわかります。
 
 
気になるのは、事実婚で得られるメリットとデメリットでしょう。
 
  • 精神的に自由でいられる
  • 相手の両親とほどよい距離がとれる
  • 改姓の必要が無い
  • 配偶者や配偶者特別控除は受けられない
  • 配偶者の財産を相続できない
  • うまれた子どもの戸籍・親権は母親(子どもの名字は母親と同じになります)

 

事実婚夫婦二人の中で解決できる事柄は良いのですが、

一番気になるのが、子どものことではないでしょうか。

 

もしも子どもがケガで救急搬送された場合、事実婚の男親では入院や手術の同意書などの手続きができない場合があります。

そのため緊急の対応ができるよう公正証書などを作っていつも持ち歩く男親さんもいるそうです。

 

公正証書というのは、公証人役場にて「宣誓認証」を作成することで、事実婚の正確さが公証されます。

事実婚の場合、「事実婚開始日」が明確ではないため、それを明確にしておくことで、

もしもの場合にお互いの権利を守ることができます。

 

入籍をしていない妻から生まれた子どもは、母親の戸籍に入ることになります。

戸籍上、父親は空欄になりますが、父親が認知届」を出すことで父親との法的な関係ができます。

つまり、父親の相続もできることになります。

父親の名字を名乗らせたい場合は、認知に加え、家庭裁判所に「子の氏の変更の許可申立」をし、許可を受ける必要があります。

また、父親を親権者としたい場合は、父母の協議の上、役所に「親権管理届」を提出する必要があります。

 

こういった制度や権利を知っていれば、事実婚であっても子どもに不利益がないように、

制度面でもより良い親子関係を築いていくこともできます。

これまで、事実婚というと結婚できない特別な理由のある人や、

シニア世代が選択するものというイメージがありましたが、

今はお互いの幸せのために、事実婚を選択する若い世代の方も増えてきています。

 

法律婚に抵抗があり結婚を考えられない人には、

事実婚という夫婦のカタチを選択肢に入れることで、

家庭を築くこと、子どもを持つことを諦めることはないのかもしれません。

 

次回は、「週末婚」を選んだご夫婦を紹介します。

 

事実婚の選択

「ありのままの自分」でいられる人と結婚したい!

自分らしく生きる老後のために…

50代以上の結婚・再婚について

 

 

 

 

 

前のページに戻る
一覧ページに戻る
  • 男性の方へ
  • 女性の方へ
  • 再婚の方へ
  • 55際からの婚活
  • キャリア女子を応援

ページTOに戻る

婚活パートナー's プリヴェール

0120-992-410

  • 大曽根本社:
    〒461-0040 名古屋市東区矢田1-3-11 【愛知商工連盟協同組合本部1階】

    JR中央線、名鉄瀬戸線、地下鉄名城線、各線【大曽根駅】より徒歩1分

  • 名駅支店:
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目17-14 鈴木ビル1階・2階・8階

    JR・名鉄・近鉄・地下鉄【名古屋駅】より徒歩5分 「ユニモール15番出口」徒歩1分

  • 刈谷支店:
    〒448-0026 愛知県刈谷市中山町2丁目10-2 ミニストップJR刈谷駅前店横

    JR東海道本線、名鉄三河線【刈谷駅】より徒歩3分 駐車場5台完備(無料)

  • 岡崎支店:
    〒444-0864 愛知県岡崎市明大寺町川端20-2 大竹ビル1階

    名古屋鉄道本線「東岡崎駅」徒歩1分

  • 平日12:00~21:00 土日・祝10:00~19:00 火・水 定休日
  • 日本結婚相談協会加盟店
  • 株式会社日本仲人連盟
  • 日本ブライダル情報機構
  • えん結びダイアリーアイコイ

日本結婚相談協会(JBA)・日本仲人連盟(NNR)・日本ブライダル情報機構(NBIO)
自社会員数合計約7万人の会員数です。

Copyright (C) プリヴェール Allrights reserved.(k)

ページトップ
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
  • 打ち合わせお申込みフォーム
  • フリーダイヤル 0120-992-410
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
  • 打ち合わせお申込みフォーム
来店予約