婚活における「親離れ」「子離れ」について考える①~娘に依存する母親~ | 名古屋の結婚相談所プリヴェールがおくる婚活コラム

プリヴェールのHOMEへ戻る。
トップページ
会社概要・アクセス
来店予約
パーティー予約
資料請求
メールで質問
0120-992-410
  • 成婚率が高い7つの理由
  • お客様の声
  • コース料金
  • 成婚の「ヒケツ」発信
  • パーティ情報
  • 提携法人会員様専用

成婚のヒケツ

婚活における「親離れ」「子離れ」について考える①~娘に依存する母親~

2021.05.13 |  

カテゴリー:

  • 女性

名古屋の結婚相談所プリヴェールの大津です。

 

最近の10代後半~20代・30代の若い世代の方は、

男女ともに母親と仲の良い親子が増えています。

 

近年の特徴としては、

10代後半男性も母親と買い物に出かけたり、

ドライヴをしたり旅行をしたりと、

母親と仲の良い男性が増えているということです。

 

そういった男子のことを総称する、

“ママッ子男子”という言葉もできているくらいです。

 

女性の場合は、同姓の母親と仲が良いということは以前からあることですが、

最近の特徴として気になるのは、

「母親との距離が近すぎる女性が多い」

ということです。

 

20~30代のいわゆる結婚適齢期の女性が母親との距離が近すぎるとどうなるのか?

お伝えします!

 

1.友達のような母娘の関係は要注意

母娘の仲が良いのは良いことなのですが、

それも度が過ぎると問題があります。

休日のたびに母親と出かけたり、

次の予定も母親の空いている日に合わせて決めたりしていませんか?

男性と遊んだり恋人とデートすることよりも

、母親と出かけることを優先していませんか?

 

母親を中心に生活をしている女性は、

結婚を遠ざける可能性があるので要注意です。

 

なぜなら、自分のことを何でもわかってくれて、

全てを受け入れてくれる仲の良い母親と一緒にいると楽なので、

恋人の必要性を感じる隙がありません。

一人でいる物足りなさや寂しさが、

結婚を考えるきっかけになる事もありますが、

母娘がべったりな関係だと、その隙が無いとうことです。

むしろ、何かと煩わしい恋愛をすることすら面倒に感じるようになることも。

 

母親も、大事な娘といつまでも一緒にいられるのは親として嬉しいことです。

特に専業主婦の母親は、家庭が全てという方もいますし、

子育て中心の生活してきているので、

手塩にかけて育ててきた娘と出かけることは楽しいでしょう。

 

娘に恋人ができれば勿論喜ぶでしょうが、

娘が恋人中心になり自分から離れていくと寂しく感じてしまいます。

 

しかし、自分が寂しいからと言っていつまでも娘を自分の手元に置いておいては、

娘は自立することができません。

母親が子離れしなければ、娘も親離れしづらくなるのです。

 

2.「まだ結婚しなくてもいいのよ」「結婚に焦ることないわよ」「ずっとこの家にいていいのよ」と言う母親

娘が20代後半から30代になれば、

本当に子どものことを思っている親ならば、

娘が良いご縁に恵まれて結婚できるように願うものです。

 

娘が結婚について考えていなくても、

結婚の良さや、出産できる年齢には限りがあることを伝えるなど、

年齢と結婚の重要性をアドバイスすることでしょう。

 

しかし、娘に依存している母親は、

娘が結婚適齢期になっても自分の手元にいてもらいたいと思っています。

 

中には、「あなたがいなくなるとお母さん寂しいから、いつまでも家にいていいのよ。」と、

娘を束縛するようなことを言う親も。

娘のいない生活を想像できないのです。

 

また、母親もシニア世代になっているので、

娘にはいつまでも家にいてもらって、

自分の老後の面倒を見てほしいとも思い始めます。

 

娘も、結婚を含め自分のこれからの人生を考えるでしょうが、

母親の気持ちもわかるので、母親の願いを優先させてしまいます。

 

しかしそれで本当に、大事な娘が幸せになれるのでしょうか?

娘のことを真に考えるのであれば、

子離れしなくては娘はいつまでも親離れできず、

自分の力で自分の人生を歩むことができません。

 

3.娘の恋愛に干渉する母親

娘の恋愛を応援するつもりが、

娘のことを心配しすぎて口出ししすぎる母親は困りものです。

恋人のこと詳しく聞いている内に、娘の恋愛に過干渉になり、

親としてのアドバイスではなく恋人審査員のようになってしまうのです。

 

娘も、自分の一番の理解者である母親の言うことは全て正しいと思っている人が多いので、

母親の言うことを丸呑みする人も。

そして、母親の審査にクリアしなければ好きな人さえできなくなってしまうのです。

 

また、娘が恋人とうまくいかなかったとき、

娘にも非があるとは絶対に考えません。

 

「あなたは悪くない」

「もっといい人がいるわよ!」

「その程度の男性だから別れて良かった」

 

と、いつも慰めてしまいます。

 

そして慰められてきた娘も、

「私は何も悪くない、悪いのは相手だったのだ」

と思います。

自分にも原因があったのではと考えることなく、

全て相手のせいにしてしまうようになります。

 

4.「結婚してもお母さんの近くにいてね」「結婚してみてダメだったら戻ってきなさい」と言う母親

娘が結婚することを望んでいる母親でも、

結婚してからも近くに住んでもらいたいと思っています。

娘も母親から遠く離れて生活することは不安なので、

結婚相手に「結婚してからも自分の実家の近くに住む」という条件を求めます。

 

実際に、せっかくお見合いをしても、

生活場所の条件が合わないことが理由で交際にいたらなかったり、

交際していてもこれから住む場所についての話し合いがまとまらないから別れた…というケースもありました。

 

娘が20~30代の母親は、離婚することをすぐに認める傾向もあります。

「とりあえず1回結婚してみてダメだったら戻ってこればいい」と、

娘が結婚する前から、離婚する ことを認めているのです。

 

結婚した娘が結婚生活や夫への不満を母親に愚痴ると、

母親は「そんな男はうちの娘にはふさわしくない」と思うようです。

また女性は共感し合うことが好きなので

娘も母親が自分の気持に共感してくれると、

「お母さんもそう思うよね!」

と強気になります。

 

自分と夫との問題であり夫婦で解決すべきことなのに、

親離れできていないと、そこに母親を介入させてしまうのです。

 

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s

 

娘の恋愛や結婚をダメにしてしまう、

子離れできていない母親の言動、身に覚えのある方はいませんか?

年功序列に考えれば、親は子どもより先に逝きます。

 

もしあなたが結婚していなかったとしたら、

ご両親が他界してしまった後はあなたは一人になってしまいます。

 

あなたが一生一人でも、母親は責任をとってはくれません。

 

あなたの人生はあなたのものであり、

母親の干渉を受けて歩むものではありません。

子離れしてもらうこと、親離れすることが、結婚への第一歩です。

「子ども部屋おばさん」の婚活事情

 

結婚と年齢の大切なお話

前のページに戻る
一覧ページに戻る
  • 男性の方へ
  • 女性の方へ
  • 再婚の方へ
  • 55際からの婚活
  • キャリア女子を応援

ページTOに戻る

  • 名駅本社:
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目17-14 鈴木ビル1階・2階・8階

    JR・名鉄・近鉄・地下鉄【名古屋駅】より徒歩5分 「ユニモール15番出口」徒歩1分

  • 刈谷支店:
    〒448-0026 愛知県刈谷市中山町2丁目10-2 ミニストップJR刈谷駅前店横

    JR東海道本線、名鉄三河線【刈谷駅】より徒歩3分 駐車場5台完備(無料)

  • 岡崎支店:
    〒444-0864 愛知県岡崎市明大寺町川端20-2 大竹ビル1階

    名古屋鉄道本線「東岡崎駅」徒歩1分

  • 平日12:00~21:00 土日・祝10:00~19:00 火・水 定休日
  • 日本結婚相談協会加盟店
  • 株式会社日本仲人連盟
  • 日本ブライダル情報機構
  • えん結びダイアリーアイコイ

日本結婚相談協会(JBA)・日本仲人連盟(NNR)・日本ブライダル情報機構(NBIO)
自社会員数合計約7万人の会員数です。

Copyright (C) プリヴェール Allrights reserved.(k)

ページトップ
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
  • 打ち合わせお申込みフォーム
  • フリーダイヤル 0120-992-410
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
来店予約
リクルートサイト