プリヴェールのHOME

お問い合わせ

0120-992-410

Menu

「ちょうどいい」LINEの頻度! | 結婚目指して名古屋で婚活

プリヴェールのHOMEへ戻る。
トップページ
会社概要・アクセス
来店予約
パーティー予約
資料請求
メールで質問
0120-992-410
  • 成婚率が高い7つの理由
  • お客様の声
  • コース料金
  • 成婚の「ヒケツ」発信
  • パーティ情報
  • 提携法人会員様専用

成婚のヒケツ

「ちょうどいい」LINEの頻度!

2019.04.15 |  

カテゴリー:

  • 男性
  • 女性

結婚相談所、「プリヴェール」の大津です。

 

プリヴェールでは、お食事デートを経て、「交際」になったら連絡先を交換し、

恋人同士として二人で連絡のやりとりをしながら関係を深めていきます。

 

今はメールや電話よりも、便利で気軽なLINEでやりとりづる人が多いですよね。

LINEは気軽なだけに、友達同士であれば特に時間帯を気にせず自分の都合の良い時にLINEすることもあるでしょうが、

婚活で出会った恋人で、これから結婚を真剣に考えていく人とのやりとりですから、

お相手のことを思いやって、やりとりをしましょう。

◆相手の「ちょうどいい」を聞くべし!

全員にとって「ちょうどいい」連絡の頻度はありません。

個人差が大きく、即レス派、1日に1〜2通がちょうどいい人、1週間に3日位でいい人、要件があるときのみがいい人など、

本当にそれぞれです。

その為、交際になって連絡先を交換する時に、

「普段どのくらいLINEしますか?」

「連絡取りやすい時間や、連絡されると困る時間があれば教えてください。」

などを聴いておくことで、スムーズなやりとりを始められるでしょう。

 

また、自分が返信しやすい時間帯や、既読はつけるけど返信はできない時間帯があることなどを伝えておくと、

お相手も連絡しやすくなります。

「私は勤務時間が9時~19時くらいなので、その前後の時間ならLINE見てます。

仕事中も見れますが、返信は難しいので、既読スルーになってたらすみません。」

というように伝えておくと親切ですね。

 

もしお相手が「仕事中以外は即レス派です。」と答えた場合、

あなたが返信遅いタイプでも、お相手になるべく合わせられるといいですね。

 

また、お相手が「返信遅いタイプなんです。」と答え、あなたが即レス派の場合は、

「私はすぐ返信しちゃうタイプですが、早く返事ないとって気にしないでくださいね!

もしLINE多すぎたら遠慮なく言ってください!」

と伝えておくのも良いでしょう。

 

自分の「ちょうどいい」を伝えつつも、お相手の「ちょうどいい」ペースを知って、

それに合わせる努力をすることが大切です。

 

 

◆「想いが熱い内に打て!」

交際というカップルの関係になったら、毎日LINEや電話でやりとりするのが普通であり、

特に婚活で出会った二人はお互いの距離を縮め関係を深まていく為に必須なことです。

 

中には、「連絡は要件のみが良い」という人もいるでしょうが、それでは結婚は遠のくばかり。

交際開始から一か月の関係が、成婚できるか交際終了になるかの決め手になります。

その為、頻繁にデートできるように連絡を取り合うことや、デートとデートに合間にもちょっとしたことでもいいのでLINEし、

次のデートに向けて二人の思いを高めていくことが大切です。

 

カップルになって1日に1〜2通のやり取りが1ヶ月続けば、お相手との相性もわかってきますし、

その間にデートも重ねていけば、結婚相手としてこのまま発展させていきたいお相手か、そうではないかがわかります。

 

「結婚したい」という共通の思いのある二人ですから、

それが目の前にいるお相手なのか、そうではないのかをなるべく早くハッキリさせるためにも、

想いが熱い内に連絡のやり取りをし、デートをしていきましょう。

 

逆に言うと、連絡先を交換したらその日のうちに連絡をするのがマナーなのに、

1日経っても2日経っても連絡のない人からは結婚に対する真剣さ感じられませんし、

交際も終了になる可能性が高くなるということです。

 

 

◆絵文字やスタンプは流れにあったものを適度に

LINEとメールの大きな違いは、スタンプがあることですね。

スタンプや絵文字は、その時の感情を補足するのに役立ち、

雰囲気を楽しくしたり、気まずいこともスタンプでカバーできたりする役割があります。

しかし、使い方によっては、相手を不快にさせたりマイナスな印象になることも。

 

例えば、相手からの返信が遅い時、まだ関係が浅い内なのに、「じー…」と見ている絵柄のスタンプを送ると、

相手は返信を催促されてる気持ちになりプレッシャーに感じるか、鬱陶しく感じることもあります。

仲が深まってからならば、それが笑いになったりほっこりすることもありますが、

今このスタンプを送るとお相手はどう思うかを考えてスタンプを選びましょう。

 

スタンプには無料のもと有料のものとあります。

節約家で浪費を好まないタイプの人は、有料スタンプに対して無駄遣い、と感じることが多くあります。

その為、まだお相手のことをよく知らないうちは、いくつもの種類の有料スタンプを送るのは控えたほうがいいかもしれません。

 

また、音声の出るタイプのスタンプは、お相手が仕事中だとわかっている時間帯や、

寝ているかもしれない時間にはなるべく送らないようにしましょう。

 

仕事上常に音量を上げている人は、LINEを開いて急にスタンプの音声が出ると驚きますし、

仕事中にこまるかもしれません。

そういったちょっとした気遣いも大切です。

 

流れに関係ないスタンプや絵文字を使うと、「おじさんっぽい」「おばさんっぽい」というマイナスな印象にもなりますし、

スタンプや絵文字は適度に使うように心がけましょう。

 

 

◆なればく早い段階でため口に切り替える

デート中の会話やLINEの文章で、敬語か丁寧語かタメ口か、迷いますよね。

すぐにお食事デート中に意気投合してのカップルならば、最初からタメ口でもいいでしょうが、

そうじゃないケースの方が多いと思います。

特に女性はまだ様子見でのとりあえずの交際、ということが多いで、

交際したからといっていきなりため口にするのは早すぎるかもしれません。

 

しかし、敬語た丁寧語をずっと使っていると、なかなか距離が縮まりません。

なるべく早い段階で、ため口に切り替えたほうが親密度が増します。

 

例えば、デート前日のLINEで、

「敬語だと距離感ありますよね。もっと仲良くなりたいし、お互いにため口にしませんか?」

と提案しましょう。

 

できれば、カップルの年上の方の方から提案してあげると、年下のお相手もタメ口で話しやすくまりますよ。

 

昨日まで敬語のLINEだったのが、タメ口になるだけでもドキッとしますし、

いっきにカップルっぽくなりますよね♡

 

 

◆LINEの目的はお互いの仲を深めること

LINEは、会えない時間も連絡を取り合うことでお互いの仲を深めることができます。

ですから、LINEを面倒くさがらないでください。

お互いがLいNEを嫌いだったり、お互いがLINEは事務連絡だけで会った方がいいと思うのならばそれでもいいでしょう。

でもお相手が連絡を待っているのならば、思いやりあるやりとりをしてください。

 

LINEを難しく考えず、お互いの仲を深める有効なアイテムとして活用してくださいね!

交際中のメールのやりとりのヒケツ①

交際中のメールのやりとりのヒケツ②

交際を続ける努力

前のページに戻る
一覧ページに戻る
  • 男性の方へ
  • 女性の方へ
  • 再婚の方へ
  • 55際からの婚活
  • キャリア女子を応援

ページTOに戻る

婚活パートナー's プリヴェール

0120-992-410

  • 大曽根本社:
    〒461-0040 名古屋市東区矢田1-3-11 【愛知商工連盟協同組合本部1階】

    JR中央線、名鉄瀬戸線、地下鉄名城線、各線【大曽根駅】より徒歩1分

  • 名駅支店:
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目17-14 鈴木ビル1階・2階・8階

    JR・名鉄・近鉄・地下鉄【名古屋駅】より徒歩5分 「ユニモール15番出口」徒歩1分

  • 刈谷支店:
    〒448-0026 愛知県刈谷市中山町2丁目10-2 ミニストップJR刈谷駅前店横

    JR東海道本線、名鉄三河線【刈谷駅】より徒歩3分 駐車場5台完備(無料)

  • 岡崎支店:
    〒444-0864 愛知県岡崎市明大寺町川端20-2 大竹ビル1階

    名古屋鉄道本線「東岡崎駅」徒歩1分

  • 平日13:00~21:00 土日・祝10:00~19:00 火・水 定休日
  • 日本結婚相談協会加盟店
  • 株式会社日本仲人連盟
  • 日本ブライダル情報機構
  • えん結びダイアリーアイコイ

日本結婚相談協会(JBA)・日本仲人連盟(NNR)・日本ブライダル情報機構(NBIO)
自社会員数合計約7万人の会員数です。

Copyright (C) プリヴェール Allrights reserved.

ページトップ
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
  • 打ち合わせお申込みフォーム
  • フリーダイヤル 0120-992-410
  • 資料請求
  • 無料相談来店予約
  • 打ち合わせお申込みフォーム
リクルートサイトへ